Makoto Shimabukuro's Blog

Another side of Makoto Shimabukuro

格闘技TV観戦

きょう、K-1を放送したみたいですが、わたしは見ませんでした。


ちょうど、曙がK-1選手に転向したときから、格闘技に興味を持ち始め*1、それからは結構欠かさず、しかも録画せずに生放送で観戦するほど好きだったのですが、あるとき突然興味が失せたのです。「毎回同じメンバが戦っている…」「所詮、コップの中の戦いではないか…」と。


わたしは将棋が好きです。将棋のプロ棋士は、現在の制度では爆発的に増えることはありません。タイトル戦の顔ぶれも似通ってます。特に、谷川・羽生戦は何度も観ました。でも、飽きることは全くありません。結局、わたしは熱烈な格闘技ファンではなく、ライトな格闘技ファンなんだなぁ、ということを気づきいたのです。本当に格闘技が好きなら同じ顔ぶれでも見続けると思うのですが、情熱が長続きしませんでした。


…と、書きつつも今年の大晦日の曙 vs. ボビー戦は観る気がします。なぜなら、曙戦を観ないと年を越した気がしないから。:-) これがプロモーターの戦略かしら。

*1:もっとさかのぼると、中学生のとき、土曜の午後4時から放送していたプロレスをよく見てました。当時は熊本で寮生活をしていて、土曜の午後4時から始まる洗濯当番(洗濯・乾燥が終わった学年全員分の洗濯物を班ごとに仕分けする係)のときに、当番をしながらプロレス観戦するという感じで。長州力が好きでした。