Makoto Shimabukuro's Blog

Another side of Makoto Shimabukuro

Wii U Super Mario Maker Super Mario Bros. 30th Anniversary Set

2015/09/14(月)に届いたまま、ずっと「積んでいた」Wii U スーパーマリオメーカー スーパーマリオ30周年セット を先日重い腰を上げてようやく開梱した。

ちなみに Nintendo Switch は持っていないけど、特典欲しさにスーパーマリオメーカー2をすでに注文済みです…。

f:id:mkt:20190601191920j:plain

f:id:mkt:20190601191931j:plain

f:id:mkt:20190601191942j:plain

f:id:mkt:20190601191956j:plain

f:id:mkt:20190601192009j:plain

f:id:mkt:20190601192020j:plain

f:id:mkt:20190601192030j:plain

f:id:mkt:20190601192041j:plain

f:id:mkt:20190601192052j:plain

f:id:mkt:20190601192103j:plain

f:id:mkt:20190601192118j:plain

Wii U Super Mario Maker Super Mario Bros. 30th Anniversary Set

 

転職して満15年

2004/06/01に今の職場に勤め始めたので、きょう(2019/05/31)で満15年、明日(2019/06/01)から16年目かな。

ここ10年は母の闘病、そして他界があり、悲しい日々だった。昨年の秋頃から昔のようなダンベル運動を再開している。2月にインフルエンザにかかってしまい、一旦は中断してしまったけど、また再開したい。少しずつ元気になれるといいな。

Bose noise-masking sleepbudsの修理

2018年9月に Bose noise-masking sleepbuds (BOSE JP, Amazon JP) を購入し、毎日愛用している。

 

2019/02/24(日)に右側のイヤホンの小さな磁石が取れてしまっていることに気づいた。この磁石がないとイヤホン側の磁石がバッテリケース側の磁石にくっつかず、充電端子が接触不良で充電できない。インフルエンザにかかっている最中だったため、修理手配できなかったので、しばらくは四苦八苦しながら充電していた。インフルエンザが治った後、BOSE に電子メール and 電話で修理依頼の連絡をし、2019/03/17(日)にファミリーマートから修理発送した(ちなみに人生で初めてコンビニから小包を発送した)。

 

2019/03/29(金)に修理に出していた Bose noise-masking sleepbuds が戻ってきた。ダンボール箱を開けたら、丸ごと新品になっていた。故障箇所はイヤホンの小さな磁石が取れてしまったことだけなのに、丸ごと新品になるとは思わなかった。採算はとれるのだろうか。カスタマーとしてはうれしいが、ちょっと心配になった。

Zapier Remember The Milk + Slack Integrations

前回のブログエントリで、GitHub Wiki で note-taking していることを書いた。職場にいるとき、自宅の howm に書きたいメモがある場合はどうしているかというと、個人 Slack (ひとり Slack)にメモをベタ書きして、帰宅後、ひとり Slack から howm へカット and ペースとしている。なぜ Slack かと言うと特に理由はないが、Slack の UI は書き心地が良いので、気軽にメモをかけること、投稿メッセージにタイムスタンプがあることが良いと感じている。

 

気軽に書けることが幸いして、ひとり Slack に ToDo も一緒に書いていた。フォーマットは「□ Zapierについて調べる」といった具合だ。これは悪習慣で、howm の最後尾に ToDo アイテムを書くことになる。 ToDo 管理に Remember The Milk を使っているので、ToDo が分散していた。

 

これではいけない、と思い、Remember The Milk + Slack Integrations | Zapier を使うことにした。Zapier の Free プランは 100 回 / 月 という上限があるが、そこまでは使っていないので、大丈夫だろう。ちなみに IFTTT の Ideas Forum に Slack integration の要望が 2015 年 10 月から上がっているが、いまだに実現できていない

GitHub Wikiでnote-taking

ここ10年近く、note-taking は自宅も職場も Emacs の howm を使っている。特に不満はなかったんだけど、自宅でも職場でも両方メモするもの、例えば、最近のプログラミング環境構築(pyenv, rbenv, nvm)などをメモするのが二度手間になっていた。

 

これは非効率だな、と思い、いろいろ検討した結果、GitHub のプライベートリポジトリの Wiki 機能を使うことにした。Markdown で Wiki を書けるのが良い。モバイルで閲覧すると、デスクトップ向け UI しかなかったんだけど、先日ふと試したら、モバイル向けに UI が最適化されていた。これはとてもうれしい。

 

GitHub Wiki の一番良いところは Wiki のデータを git clone できるところ。つまり、git pull を定期的にローカルマシンで実行すれば、バックアップが取れる。macOS では cron ではなく、launchd を使う。macでの定期実行はcronじゃなくてlaunchdを使う - $shibayu36->blog; を参考にした。

 

先月くらいから、職場で Scrapbox も使っているので、職場は howm (公にできない内容)、GitHub Wiki (自宅と共通のメモ)、Scrapbox (仕事オンリーの情報)という風に使っている。ちょっと散らかり気味。自宅の方はうまくいっている感じ。

 

しばらくこれで様子を見ようと思う。